« 鐘撞堂山から少林寺 | トップページ | 多峯主山から飯能河原(3) »

小手指ヶ原古戦場跡から狭山丘陵を歩く

Tyabatake_2
             <狭山の茶畑を行く>

◇5月20日(土)、北野公園(小手指駅近く)-小手指ヶ原古戦場跡-クロスケの家-比良の丘-狭山丘陵-狭山湖堰堤-山口観音-狭山不動尊まで約12kmを歩いた。

◇9時35分、小手指駅から徒歩5分ほどのところにある北野公園を出発、広い街道から脇道に入ると埋蔵物調査センターに着いた。この日は陽射しが強く、中に入るとひんやりとして心地よく、資料や展示物を観ることができた。

Sirahatazuka◇同センターの背後には白旗塚があり、この辺り一帯が小手指ヶ原古戦場跡だ。その昔、新田義貞が鎌倉攻めに際し、緒戦となったのが小手指ヶ原、新田義貞が陣を張り源氏の旗印とされる白旗を立てたという。今は木々に囲まれて見晴らしは良くない。

Kurosuke◇トトロのふるさと基金の活動拠点とされる“トクロスケの家”にやってきた。母屋、茶工場、蔵の三つが国の登録有形文化財の指定されている。ひと息入れるには恰好なポイントだ。

Onemiti◇金仙寺から比良の丘を超えると狭山湖畔に続く遊歩道に入った。大きな木々に囲まれて、陽射しを避けての快適な道、所どころで小鳥のさえずりが聴こえてきた。堰堤までの距離が所どころに表示されているので目安となった。やがて到着、堰堤手前の東屋でひと息入れた。

Seibukyuujyou◇開放的な気分に浸りながら景色を愉しみ、長い堰堤を渡ると山口観音に着いた。ゴールの狭山不動尊広場までは目と鼻の先、到着したのは12時30分頃だった。西武球場駅前広場は西武ドームへ向かう人もあって大勢の人で賑わっていた。

なたの1クリックが励みになります ⇒人気ブログランキングへ

|
|

« 鐘撞堂山から少林寺 | トップページ | 多峯主山から飯能河原(3) »

「ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107161/65326054

この記事へのトラックバック一覧です: 小手指ヶ原古戦場跡から狭山丘陵を歩く:

« 鐘撞堂山から少林寺 | トップページ | 多峯主山から飯能河原(3) »