« 小手指ヶ原古戦場跡から狭山丘陵を歩く | トップページ | 第15回飯能新緑ツーデーマーチ »

多峯主山から飯能河原(3)

Tounosuyama
               <多峯主山山頂>

◇5月24日(水)、山仲間14名で天覧山から多峯主山に登って飯能河原に集合、会食をした。現地直行組5名を含めて19名の参加があった。

Nobori1◇飯能駅前を9時30分出発、観音寺から飯能諏訪神社経由で能仁寺に到着、ひと息入れた。今年3回目となった天覧山から多峯主山コース、いつもは単独行だが今回は大人数での山歩き、ゆっくりペースで歩を進めた。

◇同寺の脇から山道に入ると、すでに山ツツジは終わって緑一色の山道が続く。中段と呼ばれる広場を通り、十六羅漢経由で天覧山に着いた。好天で見晴らしは良いが、気温が高く遠望は霞んで見えた。

Tennrannzann◇休憩をとっていると赤い帽子を被った大勢のちびっ子達が登ってきた。先生の引率されて幼稚園の遠足だろうか?たちまち山頂展望台は賑やかになった。誰でもが簡単に登れる天覧山は子供たちにとっても人気の山だ。

◇高麗峠方面に下り、再び登りにかかると比較的緩斜面な登りにかかる。新緑に囲まれた多峯主山への道だ。山頂直下の登りがきついがゆっくりペースで全員が山頂に立った。展望を愉しみしばし休憩。

Naokuninohaka◇山頂直下にある“黒田直邦の墓”に立ち寄った。黒田直邦は五代将軍・徳川綱吉に仕え、以来八代将軍吉宗に至る四代50余年間歴任して信頼厚く、ついには老中にまでなり、やがては上州沼田城の城主にまでなったという。能仁寺は直邦の菩提寺でもある。

◇常盤平から雨乞い池、見返り坂経由で集合場所の飯能河原・割岩橋の下に到着、すでに直行組5名がお待ちかねだった。

Kaisyoku◇久しぶりに出会ったあの人この人、円陣を組んでお食事会が始まった。持ち寄ったお惣菜類も豊富、アルコールも入ってしばし賑やかなひと時を過ごした。次回の計画を話し合い、後片付けの後は飯能駅へ向かった。

なたの1クリックが励みになります ⇒人気ブログランキングへ

|
|

« 小手指ヶ原古戦場跡から狭山丘陵を歩く | トップページ | 第15回飯能新緑ツーデーマーチ »

「山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107161/65347494

この記事へのトラックバック一覧です: 多峯主山から飯能河原(3):

« 小手指ヶ原古戦場跡から狭山丘陵を歩く | トップページ | 第15回飯能新緑ツーデーマーチ »