« 多峯主山から飯能河原(3) | トップページ | 智光山公園から都市緑化植物園 »

第15回飯能新緑ツーデーマーチ

Asahiyama
             <あさひ山展望公園>

◇5月27日(土)、28日(日)の2日間、飯能新緑ツーデーマーチが開催された。毎年参加している私は、今年も一日だけ(28日)の参加となった。30、20、15、10、5kmと5コースが用意されているが、選んだのは20kmコース(実距離20.7km)、ベストシーズンに文字通り新緑の中を歩くこのコースがお気に入りだ。

Sutato◇8時45分、中央会場の飯能市役所を出発。出発ゲートでは中学生から「頑張ってくださ~い!」という大きな声でハイタッチを受けた。このイベントは、地元ボランティアの皆さんにより飯能市をあげて取り組んでいるようだ。

Kyuukeijyo◇八高線沿いの道を左に折れると、しばらくは国道299号線の道を進む。好天に恵まれて目の前には奥武蔵の山並みが広がっている。最初の休憩ポイント・飯能観光案内所前でひと息入れる。休憩所には冷たいお茶や梅干、飴などが用意されているのだから嬉しい。

Uoku_2◇西武線の陸橋を渡ると山道に入った。ムッとする舗装道路に比べると木々に囲まれた山道はひんやりとして心地良い。多少のアップダウンはあるもののゆっくりと歩を愉しんだ。多峯主山を右に巻いて武蔵台の住宅街を通過、入間川にかかる大きな橋を渡ると2回目の休憩ポイント小岩井自治会館だ。

Koiwai_2◇梅干と冷たい麦茶のサービスを受けてひと息入れた。ここまでが6.7km、残り14kmの行程が待っている。短い休憩で腰をあげた。途中30kmコースの合流点を通過すると峠を超える急な登りがしばらく続いた。

◇里に下り残り“10km地点”という看板を見て間もなく南高麗地区行政センターに着いた。地元の人たちが出店している露店でうどんと大福餅でお腹を満たした。約30分の休憩で再び里山歩き、次に立ち寄ったのがあさひ山展望公園だ。

Sanntou◇360度の展望が開けた展望台、開放的な気分に浸りながらしばし休憩、傍らには“シャッター押します”と書いた看板を首からぶら下げている女の子がいた。この子たちもボランティアのようだが、至れり尽せりのサービスに利用する人の姿もあった。

TibbikkoGoru_2◇飯能市内に入り、岩割橋手前で全てのコースが合流、前を行く園児の姿が可愛らしく思わずパチリ! 5kmコースだろうか? 10kmかな? 飯能駅前を通過して東飯能駅構内を横切るとゴールの飯能市役所に着いた。14時20分。

◇イベント会場周辺は多くの露店が並び大賑わい、舞台では有名歌手がマイクを握っていた。

なたの1クリックが励みになります ⇒人気ブログランキングへ

|
|

« 多峯主山から飯能河原(3) | トップページ | 智光山公園から都市緑化植物園 »

「ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107161/65359414

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回飯能新緑ツーデーマーチ:

« 多峯主山から飯能河原(3) | トップページ | 智光山公園から都市緑化植物園 »