« 御嶽渓谷遊歩道 | トップページ | 入笠山から八ヶ岳高原(中編) »

入笠山から八ヶ岳高原(前編)

Nyugasawama

<日 程> 令和元年8月1日(木)~2日(金)
<コース> 【1日目】 立川駅(特急)=茅野駅(レンタカー)=入笠山駐車場(ゴンドラ)=山頂駅-入笠湿原-登山口-岩場コース-入笠山山頂(1955㍍)-岩場迂回路コースで下山-駐車場=三分一湧水=八ヶ岳花ホテル・コテージ(泊)  【2日目】ホテル=県立まきば公園=吐竜の滝=清泉園=花の森公園と道の駅南きよさと=茅野駅(レンタカー返却)=立川駅
<参 加> 10名

Gonndora ◇立川駅7:21発の特急あずさに乗り茅野駅には9:07に到着。駅前レンタカーを借りて2台の車に便乗30分ほどで入笠山駐車場に到着した。さらに6人乗りのゴンドラに乗り換えて山頂駅に着いたのは10時30分頃。

Tennboudai ◇標高1780㍍のこの辺り、好天に恵まれて陽射しが強いが、風は冷たく日陰に入るとヒンヤリとする。都会の厚さに比べると正に別天地のようだ。身支度を調えてイザ しゅっぱ~つ! 後ろを振り返ると八ヶ岳の山並みが見えるはずだが、ガスがかかって遠望は期待外れだった。

◇入笠すずらん野草園公園脇を通ると、ガイドの人だろうか?「すずらんが終わって残念ですね。でも、いろんな花が沢山咲いてますよ。楽しんでください」と親切に声をかけてくださった。山頂まで往復昼食休憩込みで約3時間コースですとの説明も受けた。

KawaranadehikoKirinnsou ◇広大な入笠湿原に入ると登山者がも米粒のように見える。木道を進むと花の名前が誰にでも分かるようにと看板が立っている。カワラナデヒコ、キリンソウ等々。

Yamamiti_20190803151001 ◇マナズル山荘脇を通って山道に入る。最初のうちは傾斜も緩やかで快適な道、所々で休憩を入れると下界の町並みが遠くにみえた。やがて、岩場コースと迂回コースの分岐にやってきた。ガイドの方の説明通り岩場コースで登り、下りは迂回コースとした。急な登りも短時間で山頂に着いた。

Gezann ◇広い山頂(標高1955㍍)は360度の展望が開け、富士山から南アルプス、八ヶ岳などの眺望が楽しめるとあるが、気温が高くガスがかかって遠望はかなわなかった。それでも十分に満足、下山にかかる。

◇帰りは岩場迂回コースを辿って、登りでは通過した花畑に入り「花の宝庫」というガイドブックを片手に花写真を撮った。それは次回に…

ポチッとお願いしま~す⇒

« 御嶽渓谷遊歩道 | トップページ | 入笠山から八ヶ岳高原(中編) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 御嶽渓谷遊歩道 | トップページ | 入笠山から八ヶ岳高原(中編) »